無料屋根調査実施中

0120-34-1634

営業時間 9:00~18:00

火災保険適用で実質0円修理

福岡市南区の株式会社ハウスメンテと申します。
私たちは、皆さまがあまり理解せず掛け捨てで支払っている火災保険が、広く住宅の補修のための費用として活用出来ることを知って頂ければと思い、そのためのサポートを全力で行っています。

全ての人にとって大切な住居ですが、快適な暮らしをするためには、維持や修理が不可欠になります。
よく火災保険を使って屋根修理が実質0円でできる、住宅建物の修理が火災保険負担で安くなったなど、耳にしたこと見かけたことがありませんか?

「本当なの?」
「そんなことできるの?」
「怪しい?」

これ意外と知られていませんが答えはこうです。

「本当です」
「できます。私たちがサポートします」
「怪しくありません」

火災保険を使って合法的に0円で屋根修理をすることができるんです。
予め払っている保険を利用するのは当然の権利であり、誰もがきちんと理解して利用するべきなのです。
保険会社は、お金を支払う側なので声を大にして言わないので、みんな知らないだけという悪循環が生まれています。

私たちは、そのお手伝いしたいと心より思っています。
今まで、そのことを知ってもらうことからはじめ、延べ数百軒以上の屋根を実質0円で修理して喜んでいただいています。もし住居、屋根でお困りの事があれば、ご相談ください。精一杯サポートします。保険を利用しても、翌年度以降の保険金が上がったりするペナルティ等は一切ありませんので安心してください。

お住まいの住宅でこのようなお悩みはありませんか。

雨漏り
漆喰
雨樋
瓦に問題がある。
ベランダに問題がある。
アンテナに問題がある。
などなどよくある修理箇所です。

実は、どんな場所でも火災保険で修理できる可能性があるのです。
それにはいくつかの条件が必要でありますが、そこは私たちにご相談ください。。

【私たちが今まで火災保険で修理ができた事例】

●室内雨漏り
●板金サビ
●カーポートの破損
●アンテナの破損
●板金破損

よく「うちは大丈夫」「これは経年劣化」と勝手に思い込んでご相談されない方が多数いらっしゃいます。
ですが調べてみると現実は違い、多くの修理箇所ならびに火災保険適用の箇所が見つかります。
そのほとんどが、通常の突風や強風に晒されて、何らかの風災を受けている可能性が高いものばかりです。
特に、屋根は外壁の2倍以上の早さで傷みが進行しています。
私たちが知らないところで建物や屋根は、ずっと自然と戦っているのです。

そしてここ重要です。
100%経年劣化かどうかの正式判断は、ご自身、修理業者、保険会社ではなく、第三者機関が行うのです。
なぜ保険会社や判断しないかというと直接、保険金の支給判断に関わることで不正につながる可能性が高いからです。

その第3者機関を詳しくご説明すると、日本損害保険協会の鑑定人資格を持った鑑定人のことです。
その鑑定人が調査し、風災の有無判定などを行い、被災額の算定し報告書を保険会社に提出しその報告書によって保険会社が補償内容などで保険金額を決済する一連の流れとなっています。
保険適用できるかどうかはプロが判断しますので、素人判断は絶対に損となります。
もちろん火災保険で修理できないケースもあり、同じ場所の再修理、太陽光パネルを設置による修理、増築後の破損などは対象外となります。

いろんな不安を持たれている方、わずかな傷みに気が付いていらしゃる方、早めに私たちへご相談ください。
この一連のお手伝いを精一杯サポートさせていただきます。

またご自身で火災保険の証書をご覧になられたことがありますか?
火災保険は自動車保険のように保険を使ったからといって、保険料の割り増しも一切ありません。
まずはお手元の保険証書をご覧ください。もし紛失等があれば加入中の保険会社様にご連絡されてください。

火災被害は基本補償のほかに「風災・雪災・ひょう災」補償というものもあります。
その名の通り、突風・強風・木枯らし・春一番・台風・旋風等の強い風による災害により、建物や家財が被害に遭った場合にその損害金額を補償するという火災保険サービスです。みなさんの保険証書には、記載がありますでしょうか。

この風の基準ですが、最大瞬間風速20メートル/秒が保証の対象になります。
そう聞くと強いイメージがありますが、春一番や木枯らしでも程度でも、その風速になる可能性があります。
実は、その程度の強い風なら日常でどの地域でも間違いなく吹いているのです。

損保ジャパンの火災保険加入者だけで1日当たり約57.6人の方がこの「風災・雪災」補償で保険申請されていると公開されています。
それくらい保険申請することは決して特別な行為ではありませんし、まして違法行為では絶対にございません。

もうひとつ大きく誤解されている内容がございます。
多くの火災保険は、強い風によって被害を受けた日から3年以内に保険会社に保険申請をしなければ、失効になります。
その期間内に屋根を必ず修理しなければならないということではありません。
その3年以内に保険会社に「保険申請します」と電話1本だけで保険申請になるのです。

これを機会に保険証書を再度、見返してみてはいかがでしょうか。
ただし保険会社へ修理等に関することを安易に電話連絡することは絶対に待ってください。
保険会社は、お金を支払う側です。
何気ない一言が不本意な結果になってしまうかも知れません。

(火災保険会社一覧)

株式会社損害保険ジャパン

東京海上日動火災保険株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

明治安田損害保険株式会社

au損害保険株式会社

楽天損害保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

日新火災海上保険株式会社

セコム損害保険株式会社

共栄火災海上保険株式会社

AIG損害保険株式会社

アクサ損害保険株式会社

イーデザイン損害保険株式会社

エイチ・エス損害保険株式会社

SBI損害保険株式会社

ジェイアイ傷害火災保険株式会社

ソニー損害保険株式会社

セゾン自動車火災保険株式会社

日立キャピタル損害保険株式会社

三井ダイレクト損害保険株式会社

次に、火災保険で屋根修理をする場合のおおまかな進め方です。
大変そう?なんて心の声が聞こえてきそうですが、実はみなさまにしていただくことは、ほとんどありません。
面倒な手続き関係は、私どもが精一杯サポートさせていただきますのでご安心ください。
具体的な流れは下記のような流れです。

私共に連絡→屋根調査→屋根調査報告書・見積書の作成→保険会社に電話→保険会社に書類提出→鑑定人による調査→保険金額の決定→保険金の支払い→修理箇所の施工

そして最後に知っておいて欲しい重要なことをいくつかご紹介させていただきます。

申請期間ですが、およそ約3ヶ月掛かります。保険会社の対応によっては半年以上期間が掛かることもあります。
申請が下りてから修理に移ります。
このように保険申請の結果まで長期間かかる場合がございますので、早めにご相談いただくことをお勧めします。

そして残念ながらルールを無視して進める悪徳業者が必ず存在します。
私共は、保険申請から、修理まで一貫して的確にご相談に応じることができます。
手抜きなど一切いたしませんし、皆様のためを第一にサポートします。
万が一、全く保険が全く下りなかった場合は、皆様方の自己負担や費用は一切いただきません。
そして保険が下りた後の修理業者は、皆様ご本人でお選びいただきますので安心してご相談ください。
もちろん修理もご依頼いただければ、私たちがしっかりと責任を持ち施工させていただきます。

1件1件、様々なケースがございます。
皆様からしっかりお話を聞いたうえで、個別に親切・丁寧・迅速に対応をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

アクセス

福岡市南区玉川町14番17-203号

0120-34-164


公共機関でのアクセス:高宮駅徒歩5分

お問合せ・ご相談はお気軽に。
  • TEL
  • LINE
  • メール
  • 協力者募集