無料屋根調査実施中

0120-34-1634

営業時間 9:00~18:00

雪の重みで、トイやジョウゴ、鬼瓦などが壊れたりしてませんか?

筑紫野市よりご連絡いただき、屋根の調査・診断に行きました。

 

雪の重みで鬼瓦が外れ落ち、下屋根の瓦を割り、庭に落ちていたそうです。

 

下に落ちて初めてわかる被害、、、、、

 

家のぐるりを見回してみると

 

玄関のジョウゴも破損していたそうです。

 

ジョウゴに関しては、飾りの部分の破損ですので、特に機能に問題はないですが、見た目的には残念です。

 

鬼瓦の部分も特に雨漏りの原因などにはなりませんが、鬼瓦がハズレ落ちた時に

下屋根の瓦を破損していました。

室内の上ではないので、直ちにどうのはありませんが、雨水が流れ込めば、屋根の下地に影響はあります。

この様に、台風ではなく、積雪の影響による被害も火災保険の対象です。「雪災」といいます。

「雪災」でよくある被害としては、フェンスが積雪の重みで倒れたりします。補償の範囲ですので、申請してください。

さて、その他にも、直接「雪災」とは関係ないかもしれませんが

漆喰の剥がれもありました。

屋根は普段から見上げる事は少ないかもしれません。

私は仕事柄、屋根を見上げる習慣があるので、瓦のうきズレや漆喰の剥がれ、アンテナの傾きやトイの変形・破損に気がつきます。

しかし、わざわざ訪問して指摘する事はありません。訪問営業と思われ、冷たくあしらわれるからです。

しかし、屋根は毎日、雨や風、雪、など気象状況の影響をまともに受ける部分でもあります。

瓦が割れてなくても雨水は隙間から侵入しますが、ルーフィング材によって2次的に屋根裏への侵入が防がれています。

しかしルーフィング材も劣化しますので、破れます。もともと手でも破る事ができる程度のものですから、いつ破れてもおかしくはありません。

瓦の少しのズレとルーフィング材の小さな破れで、雨水はいとも簡単に屋根裏に侵入するものです。

ですので、我々プロでも雨漏りするまで原因ってわからないものですが、普段から点検依頼をしていただければ、すぐに対応できますので、被害を最小限に抑える事が可能です。

人間ドックも有料と同じく、屋根の診断もタダではありませんが、定期的に点検・診断されてはいかがでしょうか?

仮に異常が見つかった場合でも、火災保険の補償範囲なら、点検費用もカバーできるはずです。

 

アクセス

〒811-1344
福岡市南区三宅1丁目5番18-103号

0120-34-164


公共機関でのアクセス:高宮駅徒歩5分

お問合せ・ご相談はお気軽に。
お問合せ・ご相談はお気軽に。
  • TEL
  • LINE
  • メール
  • 協力者募集