無料屋根調査実施中

0120-34-1634

営業時間 9:00~18:00

棟組み直し工事

株式会社ハウスメンテの石田です。

今回は棟の組み直しの工事の記事を書きます。

雨漏りの相談があり、屋根を調べたら、原因はどうやら棟の様でした。

普通、棟瓦の下というか内側には漆喰があります。のし瓦で棟を高く積んでる場合もありますが、それでも漆喰で隙間のないようにおさめてます。

さらに解体していくと、土があり、野地板の上にはルーフィング材があります。

このように、棟瓦の下には何重もの雨仕舞いなされているものです。

 

今回のお宅にはなぜか、漆喰部分が無いわけではないのですが、かなりお粗末なレベルしかありませんでした。

棟瓦のつなぎ目から侵入した雨水が土(というより砂に近かったです)を貫通し破れたルーフィング材を通り、室内天井に達していたようです。

まずは棟解体

そして周辺瓦も一旦撤去

ルーフィング材を新たに被せ

瓦をもどして、棟瓦をのせる土台組み

最終的にこの漆喰のうえに棟瓦をのせるのですが、この状態では雨漏りの心配はないです。

あとは棟瓦をのせて終了です

その後、何度か雨は降りましたが、雨漏りの連絡はないので大丈夫かと思います。

アクセス

福岡市南区玉川町14番17-203号

0120-34-164


公共機関でのアクセス:高宮駅徒歩5分

お問合せ・ご相談はお気軽に。
  • TEL
  • LINE
  • メール
  • 協力者募集